テクニック集

部屋に関する様々なテクニックをご紹介! みなさんがご存知のテクニックも是非ご応募ください。

インテリアと部屋の色

部屋のイメージは家具や小物、部屋の床・壁など色で大きく変わってきます。
そのカラーコーディネートをご紹介!

全体のカラー

まず、色は下記の大きな3つに分かれます。

【ベースカラー】

メインカラーはインテリアの基調色とも呼ばれていて、部屋それぞれが元々持っている色(天井・壁・床など)にあたります。
これだけで全体の70%を占めますが、もともと部屋にある色ですのでなかなか変更が出来ない部分でもあります。

【メインカラー】

メインカラーは部屋のイメージを大きく決める色でテーブル・イス・ソファーなど存在感のある家具で利用する色です。
全体の20~25%を占めます。

【アクセントカラー】

アクセントカラーは小物・クッションなどの色で、部屋にメリハリをつけるための色です。
全体の5~10%ですがオシャレをだす重要な役割をします。

色の特色

色にはそれぞれ感じるイメージがあります。その色の使い方によって部屋が広く見えたり暖かくみえたりするので
色は部屋のイメージを決める一番のポイントとなります。
ここではそのイメージをご紹介

【白色】

白は部屋を最も広く見せる色です。
壁や天井に使用すると、広く高く見せることができ賃貸住宅にも多く利用されている色です。
部屋を広く見せたいときは白がオススメ!!

【赤、オレンジ、黄色 (暖色系)】

赤やオレンジ、黄色などの暖色系と呼ばれる色は暖かいイメージを持つだけではなく、膨張しているように見せる効果があります。
これにより実際よりも大きくせり出しているように見せることができます。
多用することで暖かい雰囲気を出すことができますが、部屋を狭く見せてしまうデメリットもあります。

【青、青緑、青紫 (寒色系)】

青、青緑、青紫などの寒色系と呼ばれる色は涼しいイメージを持たせるだけではなく、収縮しているように見せる効果があります。
このため多用すると部屋を広くすっきりと見せることができます。

ポイント

色を選ぶポイントとしてまずはベースカラーをしっかりと決めると良いでしょう。
一番手軽に色を決めれる場所として床(カーペット)があります。白色や明るい色を利用すると明るく開放的な雰囲気に、 濃い目の色にすると落ち着いた雰囲気を出すことが出来ます。
また、色はいろいろな色を使いすぎると落ち着かない部屋になりますので、2~3色に抑えるのがベストです。 茶色系に統一、青色系に統一などトーンを一つにするとすっきりうまくまとめられるのでオススメです。
いろいろ試行錯誤しながら自分のベストの部屋をつくってください。




インテリアブログランキング     人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします!

他のみんなの部屋